トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

qコマンド

qコマンド(ゲートタイム1)

[書式]

q<num>

発音長の割合を指定します(quantize)。

すべての音符に対して、「音長÷#Q_MAXヘッダQMコマンドでの指定値(初期値は8)」にあたる時間が経過した時点でキーオフします。

ただし、#Q_MAXヘッダQMコマンドで255を指定した時のみ特殊モードになり、qコマンドの値がそのまま発音長のカウント値となります。

[例]

A Q0 q4 c8

; A c16r16 と同等
[例]

#Q_MODE 1
#Q_MAX 48
A q36 c4

; A c8.r16 と同等
[例]

#Q_MODE 1
#Q_MAX 255
A q10 c4d8e8.f2

; A l#10 cr4- dr8- er8.- fr2- と等価
;(音符の長さにかかわらず、すべての音符が10カウント分の発音長になる)

設定可能範囲は 1〜#Q_MAXヘッダQMコマンドでの指定値となり、初期値は#Q_MAXヘッダQMコマンドでの設定値(未設定時は8)です。

Qコマンドとの併用も可能です。

関連
Qコマンド, QMコマンド, #Q_MODEヘッダ, #Q_MAXヘッダ, #Q_REVヘッダ