トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

PSGエンベロープ定義書式

PSGエンベロープ定義書式

定義したエンベロープは、リリースを除き 「PSG音色エディタ」 で呼び出すことができます。

[書式]

@E<inst>:SW,NF,AR,DR,SR,RR,SL,RL

上記のような書式で定義します。定義位置は任意ですが、曲全体でその音色が有効となります。

<inst>には音色番号、もしくは音色名のいずれかが入ります。音色名を使う場合はダブルクォーテーションで括ってください。音色名には大文字と小文字の区別はありません。

音色番号、音色名はPSG音色定義書式と共用となっておりますので、ご注意ください。

各パラメータの意味は次の通りです。

SW
トーン/ノイズ切り替え(0=無指定, 1=トーン, 2=ノイズ, 3=両方)
NF
ノイズ周波数(0〜31)
AR
アタックレート(0〜31)※31=最速
DR
ディケイレート(0〜31)※31=最速
SR
サスティンレート(0〜31)※31=最速
RR
リリースレート(0〜31)※31=最速
SL
サスティンレベル(0〜15)※15=最小
RL
リリースレベル(0〜15)※15=最小
[例]

@E123:2,6,31,4,1,31,2,15

;トーン無効/ノイズ有効、ノイズ周波数=6、
;AR=31、DR=4、SR=1、SL=2、RR=31、RL=15のエンベロープを持つ音色を
;@123に登録

この機能は、コンパイラ内でPSG音色定義書式Rコマンドに相当するデータへと変換して実現しています。そのため、テンポによってエンベロープの速度が変化しますので、あらかじめご了承ください。

関連
PSG音色定義書式, @コマンド, @Pコマンド, Rコマンド