トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

hoot用ライブラリ作成機能

hoot用ライブラリ作成機能

ひとつのZIPファイル内に複数の曲データを収めて、それらを呼び出すためのXMLを用意すると、hoot上で複数の曲を選択できるようになります。

曲を切り替えるたびに再コンパイルする必要がなくなりますので、音楽鑑賞用の環境を構築する際に便利です。

そして、NRTDRV MML Compilerには、そのようなZIPファイルとXMLファイル(ライブラリ)の作成をサポートするための簡易的な機能が内蔵されています。

 使い方

  • 「ファイル(F)」→「hoot用ライブラリ作成(L)」を選択します。
  • ファイルを開くダイアログが表示されますので、ライブラリに登録したい曲のMMLファイルを選択します。
  • MMLがコンパイルされ、ライブラリに登録する旨のダイアログが表示されます。
  • ダイアログで「はい(Y)」を選択すると、次の曲を登録できます。
  • 登録したい曲の選択およびコンパイルをすべて終えたら、「いいえ(N)」を選択してください。
  • NRTDRV.EXEと同じフォルダにLIBRARY.ZIPとLIBRARY.XMLが作成されます。
  • データの再生にhootを使用する設定を有効にしている場合はhootが起動し、ライブラリがロードされます。
  • 通常の音楽鑑賞時に別フォルダのhootを利用している場合は、LIBRARY.XMLの内容をhoot.xmlの<gamelist>タグ内にコピー&ペーストし、LIBRARY.ZIPをhootのデータフォルダ(X1フォルダなど)にコピーします。
  • ZIPファイル名を変更する場合は、XML内の「<romlist archive="LIBRARY">」をファイル名に合わせて書き換えてください。

 注意点

下記のヘッダによる設定はLIBRARY.XMLには反映されません。すべて初期値となります。

なお、XMLを直接編集すれば、これらのヘッダに相当する設定自体は可能です。

また、LIBRARY.ZIPの上書き確認は一切されません。ライブラリを作成した時点で既存のLIBRARY.ZIPは無条件で上書きされますので、ご注意ください。