トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

NRDSEL

NRDSELとは

NRDSELは、293さんの手腕によって開発されたX1用ファイルセレクタ&プレイヤーです。

X1実機やX1エミュレータ上で実行でき、ディスクアクセスによる複数曲の選択が実現されています。

NRTDRVに内蔵されている簡易演奏モニタよりも遥かに高性能かつ多機能となっておりますので、ぜひご使用ください。

turbo版では歌詞表示にも対応しており、歌詞データ定義書式@Lコマンドで指定した歌詞を表示できます。

同梱のNRDSEL2D.BINはturbo対応&歌詞表示対応版です。

これらはオプション化されていますので、ノーマルX1に対応させる場合はNRDSEL.OPTを編集して再アセンブルしてください。

ご要望がありましたらコンパイラ上のGUIでturbo対応&歌詞対応のON/OFFを設定できるようにしますので、ぜひご意見などいただければ幸いです。

 NRDSELディスクイメージ作成機能

 NRTDRV MML Compilerには、ディスクイメージ作成を支援する機能が搭載されています。

使い方

  1. ディスクイメージ化したい曲データをあらかじめ全曲コンパイルして、NRDファイルを作成しておきます。
  2. 「ファイル(F)」→「NRDSELディスクイメージ作成(D)」で、環境に合わせて()選択します。
  3. ファイルを開くダイアログが表示されますので、NRDファイルを選択します。
  4. ディスクイメージに登録する旨のダイアログが表示されます。
  5. ダイアログで「はい(Y)」を選択すると、次の曲を登録できます。
  6. 登録したいNRDファイルの選択をすべて終えたら、「いいえ(N)」を選択してください。
  7. NRTDRV.EXEと同じフォルダにNRDSEL_MAKE.BATが生成され、実行されます。
  8. BATファイルの実行に成功すると、NRDSEL.D88が生成されます。

※64ビットOSでは必ずMS-DOS Player for Win32-x64をご使用ください。

注意点

下記の3ファイルをNRTDRV.EXEと同じフォルダに用意しておく必要があります。

  • X1FORMAT.EXE
  • X1SAVE.EXE
  • msdos.exe (64ビットOSの場合)

X1FORMAT.EXE/X1SAVE.EXEは、X1EMUとPadKey98のページ様にて公開されています(「X1EMU用 イメージファイルツール集(img1023.lzh)」に含まれています)。

msdos.exeは、TAKEDA, toshiya's HOME PAGE様にて公開されています(「MS-DOS Player for Win32-x64」です)。

 スクリーンショット

ぼうきちさんのブログにて、多数のスクリーンショットが掲載されています。ぜひご覧ください。