トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

@Lコマンド

@Lコマンド(歌詞データ選択)

[書式]

@L<inst>

NRDSEL(turbo版)で1行分の歌詞を表示します。

このコマンドを実行したタイミングで、NRDSELの画面下部に1行分の歌詞が表示されます。

歌詞データは歌詞データ定義書式であらかじめ定義しておく必要があり、定義されていない歌詞データ番号や歌詞データ名を指定した場合はコンパイル時エラーが発生します。

設定可能範囲は 0〜9999、または任意の歌詞データ名です。初期値はありません。歌詞データ名を指定する際は、ダブルクォーテーションで括ってください。

どのトラックでも使用できますが、ワークトラックを使うと便利です。OPMトラックやPSGトラックの場合、リピート内では最初の1回のみ有効となります。

[例]
@L1:朝が来て
@L2:昼が来たら
@L3:夜が来た

W l1 @L1 r ^ ^ ^ @L2 r ^ @L3

;1小節目で「朝が来て」、
;5小節目で「昼が来たら」、
;7小節目で「夜が来た」という歌詞を表示
関連
歌詞データ定義書式, NRDSEL