トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

@コマンド

@コマンド(音色選択)

[書式]

@<inst>

使用する音色を選択します。

使用する音色はあらかじめ定義されている必要があります。定義されていない音色番号や音色名を指定した場合はコンパイル時エラーが発生します。

設定可能範囲は 0〜9999、または任意の音色名です。初期値はありません。

音色名を指定する際は、ダブルクォーテーションで括ってください。

[例]
A @"PIANO" cdef @2 gab>c
;PIANOの音色で「cdef」、2番の音色で「gab>c」を演奏する

 OPMトラックの場合

このコマンドを使用すると、VOPコマンドによる指定は解除されます。

また、フェードアウト処理の最中にこのコマンドを実行すると、モジュレータのTLも反応します。 ご了承ください。

 PSGトラックの場合

@Pコマンドと同一の機能を持つコマンドです。

このコマンドを使用すると、sコマンドによる指定は解除されます。

関連
OPM音色定義書式, PSG音色定義書式, PSGエンベロープ定義書式, VOPコマンド, FOコマンド, @Pコマンド