トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

Qコマンド(大文字)

Qコマンド(ゲートタイム2)

[書式]

Q<num>

発音長を指定カウント分だけ短くします(Quantize)。

qコマンドとの併用も可能です。

[例]

q8 Q3 c#24

; q8 c#21r#3 と同等

設定可能範囲は 0〜255で、初期値は 0です。

 強制レガート機能

Q255」を指定すると強制レガートオンになり、「)」 を使用してもレガートオフされません(#Q_MODEヘッダで2〜3を指定している場合は無効)。混乱を防ぐため、レガートオンは基本的に 「(」 を推奨します。

関連
qコマンド, #Q_MODEヘッダ, #Q_REVヘッダ, スラーとレガートについて