トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

音程について

 音程について

音階名とMMLでの音程指定名の対応は、以下の通りです。

ファ休符
cdefgabr+-
[例]

cdefgab

;「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」を演奏します。

音程指定名の後に「+」をつけるとシャープ、「-」をつけるとフラットとなります。

[例]

c c+ d e- e

;「ド・ド♯・レ・ミ♭・ミ」を演奏します。

なお、「ダブルシャープ」「ダブルフラット」は記述できません。「c++」などと書くと「c+」(ド♯) と「+」(音長加算)に分けて解釈されます(「l8 c++」なら「c+8+8」と等価となり、4分音符のド♯になります)。ご注意ください。

調号コマンドを使用すると、シャープやフラットを省略できます。

関連
音長について, 調号コマンドについて