トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

検索

キーワード
  • BugTrack-NRTDRV/20 - リピート制御コマンドの回数指定で、
  • MMLコマンド一覧 - ,[<num> 〜 / 〜 ]<num>,[[区間リピート|リピート制御コマンド]] (2〜255、省略=2)
  • OPMトラック書式 - ,[[リピート制御|リピート制御コマンド]],[<num> 〜 / 〜 ],区間リピート (2〜255、省略=2)
  • PSGトラック書式 - ,[[リピート制御|リピート制御コマンド]],[<num> 〜 / 〜 ],区間リピート (2〜255、省略=2)
  • オンライン検索機能 - :(例) 「リピート制御コマンド」と入力した場合:半角文字ではないため、[リピート制御コマンドという語句を検索|http://nrtdrv.sakura.ne.jp/index.cgi?word=%A5%EA%A5%D4%A1%BC%A5%C8%C0%A9%B8%E6%A5%B3%A5%DE%A5%F3%A5%C9&t=and&c=true&action=SEARCH]します。
  • コンパイラマクロ - そのため、lコマンド、vコマンド、Vコマンド、VOPコマンド、oコマンド、<コマンド、>コマンドなどの値がMMLトラックと相互に影響し、リピート制御コマンドやLコマンドも使用可能です。
  • ドライバマクロ - リピート制御コマンドは、一つのドライバマクロ内で完結している必要があります。ドライバマクロの中と外をまたぐような指定はできません。
  • リピート制御コマンド - リピート制御コマンド
  • 更新履歴 - **リピート制御コマンドの回数指定で、2進数や16進数を使えないようにした([$a 〜] のような場合、マクロ名なのか16進数なのか判別できないため)。