トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

SAコマンド

SAコマンド(ソフトウェアLFO[音量]設定)[※OPM専用]

[書式]

SA<delay>,<pitch>,<steps>,<OP>

音量に対するソフトウェアLFOを設定します(Software LFO Amplitude)。

同時にLFOを開始します。

実行した時点で常にキーオン同期モードになります。非同期モードにしたい場合はSSAコマンドをご使用ください。

ソフトウェアLFOの処理はテンポには影響されず、常に16.384ミリ秒単位で行われます。たとえば<delay>に61を指定すると、16.384*61 = 999.424ミリ秒 = 約1秒です。

<delay>
LFOが掛かりはじめるまでの時間を指定します。設定可能範囲は 1〜255です。
<depth>
16.384ミリ秒あたりのTL減算値を指定します。設定可能範囲は 1〜8です。
<steps>
1振幅あたりのTL減算回数を指定します。設定可能範囲は 1〜255です。
<OP>
対象とするオペレータを指定します。設定可能範囲は 0〜15です。これはオペレータマスクと同じ値です。

値の省略時は、前回指定した値が代入されます。SRコマンドSRAコマンドと併用すると、スイッチのオン・オフのように使用可能です。

[例] 左のように値を省略した場合、右の内容と等価になる

A {                  ; A{
 SA20,1,6,15 l2cd    ;  SA20,1,6,15 l2cd
 SRA ef              ;  SRA ef
 SA ga               ;  SA20,1,6,15 ga
 SA,,4 b>c           ;  SA20,1,4,15 b>c
}                    ; }

 PSGトラックの場合

本コマンドは使用できません。

PSG音色定義(@P)でトレモロ系のエンベロープを作成し、代用してください。

関連
SRコマンド, SRAコマンド, SSAコマンド