トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

改行可能エリア

 改行可能エリア

MMLトラックの定義ドライバマクロの定義コンパイラマクロの定義を行う際、「{}」(波カッコ)で括られた範囲は、改行しても一つの処理単位とみなします。

次の三つのMMLは全て同じ演奏を指示しています。

[例1]

ABC v13 o4 q6 l8 ccddeeff erdrc4.r
[例2] 

ABC { v13 o4 q6 l8
      ccddeeff
      erdrc4.r
}
[例3]

$macro1 {
        v13 o4 q6 l8
        ccddeeff erdrc4.r
}
ABC $macro1

記法の問題

現在は 「}」 の後、改行せずにMMLを記述しても有効となってしまいますので、下記の例はすべて同等の演奏結果となります。下記の例3や例4のような記述は推奨しません。現バージョンではコンパイルできますが、今後、エラーとなる恐れがあります。

[例1] 正しい記法

A {
  cdef
  gab>c
}
[例2] 正しい記法

A {cdef
  gab>c}
[例3] 誤った記法

A {cdef
  }gab>c
[例4] 誤った記法

A {cdef}gab>c