トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

コメント範囲指定

 コメント範囲指定

/**/」 で括った範囲がすべてコメントとなり、コンパイル時に無視されます。複数行のコメントを入れるときやMMLの編集中に便利な機能です。

ネスト(入れ子)の回数に制限はありませんので、「/*a/*b/*c 〜 c*/b*/a*/」 のような記述もできます。この場合、入れ子の中がすべてコメントになります。

なお、「;」(セミコロン)との優先度は同等となっており、先に記述したほうが有効です。「;」によって「/*」をコメントアウトした際、「*/」だけが残っている状態になるとエラーが発生しますのでご注意ください。

また、「/*」だけを記述すると、その位置からテキスト終端までがすべてコメントになります。

[例]

A {	o4 l4
	cdef edc.r8
/*
	efga gfe.r8
	crcr crcr
*/
	l8ccddeeff erdrc4r4
}
; efga gfe.r8 と crcrcrcr がコメントとして無視され、
; cdef edc.r8 l8ccddeeff erdrc4r4 が演奏される
[例]

A {	o4 l4
	cdef edc.r8
	efga /* gfe.r8
	crcr crcr */
	l8ccddeeff erdrc4r4
}
; この場合は gfer8. と crcr crcr がコメント扱いになり、
; cdef edc.r8 efga l8ccddeeff erdrc4r4 が演奏される
[例]
 
A {	o4 l4
/* 	cdef edc.r8
	efga /* gfe.r8 */
	crcr crcr
*/	l8ccddeeff erdrc4.r
}
; この場合は2段階のネストになるので、
; 最後の l8ccddeeff erdrc4.r のみ演奏される
[例]

;A /* cdef
A gab>c */

; 1行目の「;」によって「/*」がコメントアウトされているので、
; 「*/」だけが検出されてしまい、エラーが発生する