トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

yTLコマンド

yTLコマンド(TL直接書き込み)

[書式]

yTL<op>,<data>[,<ch>,<port>]

OPMのTLを直接書き込みます。

PSGトラックで使用する場合は<port>を指定してください。

VOPコマンドでも各オペレータのTLは操作可能です。相対変化なども記述しやすいので、VOPコマンドの使用を推奨します。

<op>
値を書き込むオペレータ番号です。設定範囲は 1〜4で、ビット指定ではありません。
<data>
書き込む値です。設定範囲は 0〜255ですが、2進数で指定すると便利です。
<ch>
OPMのチャンネル番号(0〜7)です。省略時はトラック依存となります。
<port>
1=OPM#1、2=OPM#2です。省略時はトラック依存となります。
bit 7bit 6bit 5bit 4bit 3bit 2bit 1bit 0
-TL
関連
OPM音色パラメータ直接設定, #OP_REVヘッダ, VOPコマンド, yコマンド, zコマンド, 数値表現について