トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

jコマンド

jコマンド(早送り)

[書式]

j

このコマンドを置いた場所まで早送りして演奏します(jump)。

音楽製作中など、即座に任意のポイントまで飛ばしたい場合に使用してください。

複数記述可能ですが、最初に見つかったjコマンドの位置から通常演奏状態に戻ります。

#J_TIMESヘッダで、早送りの倍率を指定可能です(初期値は100)。

#J_KEYONヘッダを記述すると、早送り中にキーオンするようになります。音量にご注意ください。

関連
#TEMPOヘッダ, #J_TIMESヘッダ, #J_KEYONヘッダ