トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

SSPコマンド

SSPコマンド(ソフトウェアLFO[音程]キーオン非同期モード)

[書式]

SSP

SPコマンドによるソフトウェアLFOを、キーオン非同期モードにします(Software LFO aSync Pitch)。

このコマンド実行すると、1回目のキーオン以降は常にソフトウェアLFOがかかった状態となります。

SPコマンドを再び実行すると、キーオン同期モードに戻ります。

※音符の頭とソフトウェアLFOの折り返すタイミングが重なると、ソフトウェアLFOの中心点がずれることがあります。ドライバ設計上の問題による仕様ですので、何卒ご了承ください。

[例]
A SP16,6,2,0 cdef SSP gfed SP ceg>c
;「cdef」はキーオン同期、「gfed」は非同期、「ceg>c」は再び同期
関連
SPコマンド