トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

HLコマンド

HLコマンド(ハードウェアLFO設定)

[書式]

HL<Waveform>,<LFRQ>,<PMD>,<AMD>

ハードウェアLFOの基本設定を行います(Hardware LFO)。

OPM#1(トラックA〜H)と、OPM#2(トラックI〜P)の設定は完全に独立しており、曲全体では2系統のハードウェアLFOを使用可能です。

トラックAでこのコマンドを使用して効果が表れるのはトラックA〜Hで、トラックI〜Pには影響しません。逆に、トラックIでこのコマンドを使用した場合はトラックI〜Pのみに影響します。

このコマンドを実行しただけでは、ハードウェアLFOの効果は掛かりません。効果をオンにするにはHPコマンドおよびHAコマンドを使用してください。

<Waveform>
LFO波形を設定します。設定可能値は 0〜3です(0=ノコギリ波, 1=矩形波, 2=三角波, 3=ランダム波)。
<LFRQ>
LFO周波数を設定します。設定可能範囲は 0〜255です。
<PMD>
音程LFO深度を設定します(Pitch Modulation Depth)。設定可能範囲は 0〜127です。
<AMD>
音量LFO深度を設定します(Amplitude Modulation Depth)。設定可能範囲は 0〜127です。

 


関連
HMコマンド, HPコマンド, HAコマンド, HSコマンド, HRコマンド