トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

区切り記号

 区切り記号

:」(コロン)の内部処理はタブや半角空白と同等で、それ自体に意味を持ちません。ドライバマクロコンパイラマクロの終了、及びPSG音色定義などの区切り文字として使用できます。

タブや半角空白も区切り文字として使用できますが、視認性を上げたい場合は「:」(コロン)を使用してください。

[例]

!KICK  @0 l#1 (o4d<gd<gd<gd<g)e#16  ; #24
$Snare @1 o3
$Tom   @2 o6
A [16 !KICK r8 $Snare:b8 !KICK !KICK r4 $Tom:b-8]

; キックをドライバマクロで、スネア/タムをコンパイラマクロで演奏。

; 「$Snareb8」とは書けません(マクロ名と認識してしまうため)。
; 「$Snare b8」と書いても構いませんが、
; 以下のように、発音単位が把握しにくくなります。

A [16 !KICK r8 $Snare b8 !KICK !KICK r4 $Tom b-8]