トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

ワークトラック書式

ワークトラック書式

トラックヘッダチャンネル
Wワークトラック - 歌詞シーケンス

行頭に上記のトラックヘッダを置くと、以降をそのトラックで演奏するMMLデータと認識します。

トラックヘッダとMMLは半角空白やタブなどで区切られている必要があります(改行有効時を除く)。

ワークトラックは、NRDSEL上で任意の歌詞を任意のタイミングで表示するためのものです。このトラックではrコマンドlコマンド@Lコマンドのみ使用できます。

[例]

W l4 r @L0 r @L1 r @L2 r @L3

;4分音符ごとのタイミングで、@L0〜3の歌詞を順番に表示させます。
関連
MMLコマンド一覧