トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

@vコマンド

@vコマンド(テーブル選択) [※OPM専用]

[書式]
@v<num>

OPMテーブル定義書式で登録したテーブルを呼び出します。

使用するテーブルはあらかじめ定義されている必要があります。定義されていない番号を指定した場合はコンパイル時エラーが発生します。

設定可能範囲は 0〜99です。初期値はありません。

vコマンドVコマンドを使用すると、テーブル指定は解除されます。

これはコンパイラ内で短い音符と各種コマンドを列挙したデータに加工して出力することにより、擬似的に機能を実現しています。そのため、多用しすぎると曲データのサイズが肥大化してしまいますので、ご注意ください。

また、ソフトウェアLFOやグライドは正常に処理されません(具体的には、音量が変わるたびに処理がリセットされます)。これらはテーブル内でデチューンを並べて表現してください。

関連
OPMテーブル定義書式, @Vコマンド, vコマンド, Vコマンド