トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

@TDコマンド

@TDコマンド(Tone Doubler用定義選択)

[書式]

@TD<num>

Tone Doubler用定義書式で定義したパラメータを選択します。

設定可能範囲は 0〜15で、初期値は 0です。

[例]
A @TD1 c0e @TD0 e0g
;1番の定義で「c0e」、0番の定義で「e0g」を演奏する

 Tone Doublerとは

アルゴリズム4番でMULとDT2を併用し、任意の度数(半音単位)の2音を同時に出力する、hex125さんの開発された技術およびマクロです。

詳細は、ダウンロードのページにて公開されているTone Doublerのアーカイブをぜひご覧ください。

関連
Tone Doubler用定義書式, Tone Doubler用音程指定